.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

[Recent]

 勤め先は,管理職以外職場の鍵を持たせてもらえない。それ自身は,社の方針だから仕方がない。
問題は,朝,寒空の中延々と待たされると言うこと。
 管理職達は,遅刻等で給与が減ることはないから,基本的に出社が遅い。と言うか,就業開始時間にいるならばマシな方で,大多数は"自主的フレックスタイム"を実行している。更に言うなら,その日,出社するのか・しないのかすらわからない。電話は繋がらないし,本人からの連絡はない。
 真面目に出社している人間が,客への対応に困り果てると言う,悪循環。
本人達には害(給与は月額固定。「管理職は,全く会社に来なくても良い」とは,取締役の言)がないから,ルールを守る気すら起きないのが実情。結局,正直に出社せざるを得ない人間へしわ寄せが行く。
 一方,平社員は,遅刻で当然給与が減る。金を稼ぎに来ている以上,少しでも余裕を持って出社したいと考えるのは当然だと思う。しかし,早く出社すると,閉め出される。夏場はともかく,冬場は体調を崩す原因になる。
 今日の様に,気温が低く雨天の時など最悪。これで「風邪を引いたのは体調管理がなっていないせいだ」とか言われるのだから,やるせない。世がいくら理不尽で回っているとは言え,酷い有様。
 ちなみに今日は,オレを含めて5名ほどが待っていた。一番長く待っていたのはオレで,約45分ほど待たされた。寒いし,雨に濡れるし,アホみたい。ようやく到着した管理職は,雁首揃えてバカみたいに待っているオレ達を一瞥して,嘲笑気味に軽く鼻で笑う。

 こんなことが当たり前。そんな職場です。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/1960-58e69ee6
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム