.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

[Links]

[ 複数の国税担当者の指摘どおりモロ粉飾!SESCは家宅捜索せよ!! ]

 これでソフトバンクの資金調達のスキームが見えてきましたね。
 とうとう銀行にさえ無視され始め、ついに子会社の切り売りを始めたわけです。
 とはいえ、ソフトバンク子飼いの子会社なんて、普通の企業ならほしがりません。
 この経済情勢ではリスクテーカー寄りの投資家でさえ手を出さないでしょう。
 単純に売りに出しても売れるはずがないんですね。
 
 そこで、時価評価額がめちゃめちゃ高いヤフーをパイプにすることを思いつきます。
 まずグループ内のヤフーに法外な値段で売りつけておいて、次に、ヤフー株を手放すことで、そこそこの売却益を得る、という方法です。
 事実、IDCなんて、450億もの値段がつく会社じゃありません。
 50億つけばよしという程度の会社。
 だって資本金15億円ですよ、あなた。
 自己資本比率10%未満と考えても資産価値150億そこそこ、万一そんなに自己資本比率が少ないなら、それだけで敬遠されて値が下がります。

 そんな会社に450億もの値段をつけて売ったわけです。
 普通なら、買ったほうのヤフーに非難が集中するはずですが、なにせ非難する側の株主がソフトバンク自身。
 ソフトバンク株主に対しても「グループ内取引なので損得なしですよ」と言い訳するわけです。
 
 単純にヤフー株を売っても、利益はそれだけ。
 だったら、ヤフー株を売る前にヤフーに死ぬほど高い買い物をさせて現金を搾り取ってから売却しちゃおう、ということです。
 
 これ、もろ粉飾ですよ。

 ヤフーの時価総額があまりに大きいので目立たないだけで、完全に子会社の切り売りですよ。
 しかもそれをさも売っていないかのように装う。
 グループ内で移籍しただけのように見せかけて、実はその価値の一部を放出して現金を得ているわけです。

非常にわかりやすい解説だったので,少し長いですが引用させて貰いました。
(改行挿入は編集)

これが本当なら,真っ黒ですね。
控訴しても敗色濃厚じゃないですか。
利息が嫌だから支払いには応じるって…
負ける事前提の控訴って,ただのアピールじゃん。

それとも,大逆転可能な上部組織に泣きついているのかな?

それはともかく,SBが債務超過であることは,既にかなり前から囁かれていて,銀行が相手にしてくれないから個人相手に資金募ったり,なりふり構わない挙動が哀愁と嘲笑を誘っていた訳ですが,粉飾してまで身を削り始めたって事は,ついに来るべき日が来たのでしょうか。

 まぁ、こういうことを思いつくのはさすが孫正義というしかありませんが、いつまでもそうやって株主と市場をだまし続けられるでしょうかね。
 それ以前に、そこまでして小銭をかき集めなきゃならないほど短期資金に窮迫しているということがわかって、ある意味哀れでさえあります。

こう言う根幹が悪意の塊である人間は,根を絶つ以外に被害感染を抑える手立てがないと言うのが,本当に悔しく,また,残念でなりません。
なぜSBなどという会社が,この日本で成り立っているか。
悪意に群がる扇動者と,それを取り巻く無数の支援者のせいなのですが,当の本人達は負い目を感じていないからどうしようもない。
メディアの洗脳力って絶大なんだなぁ…とつくづく思う。

一刻も早い倒産と彼の本国撤退を心待ちにしています。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2066-7e483156
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム