.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

[Links]

[ 「利他的な人」は嫌われる:実験結果 ]
非常に興味深い実験結果です。

 予想されていなかったことは、参加者のうち多数派が、非利己的なプレイヤーとプレイしたくないと答えたことだ。
 その理由は、「あの人のせいで自分が悪く見える」とか、あの人はルール違反をしているというものだった。
 利己的でないプレイヤーに、何か裏の目的があると疑う参加者もいた。

ここで挙げられている二つの理由と,献身的なプレイヤーに対する感想についての考え方を,自分の当てはめてみると…

1.「あの人のせいで自分が悪く見える」

 今回のルールだと,「それがどうした」と言う感覚。
 相対的に自分が悪く見えても,別に構わない。
 そのチーム全員が,必要以上に全体に貢献する必要も義務もないから,自分が思う通りの行動を取ればよい。
 チームに貢献した方が結果的に手取りが多くなり,手取りの多さだけを求めているならそうすれば良いし,他のプレイヤーからの評価を気にする…つまり永続的にこのゲームを続ける為に他のプレイヤーからの心証を良くしておきたいという願望があるなら,多少自分の実入りを削ってもチームに貢献すべき。
 基準はあくまで自分の目的(願望)であり,過度に献身的な人,もしくは優秀な人と比較され,自分が相対的に悪く見えたとしても,それは正に相対的な評価であり,自分自身の絶対値を下げる物ではないし,参加プレイヤー寄って著しく変動する為,いちいち気にする必要がないと思う。
 こういう思いをするのが嫌なら,自分よりも利己的なプレイヤーか,自分と全く同じ価値観を持ったプレイヤーとしかゲームを行えなくなる。


2.あの人はルール違反をしている

 言葉足らずなので真の意味が理解できないが,ルール違反はしていないと思う。
 恐らく,ルール違反と言うのは,良心的な範囲を超えて利己的である,と言った程度の意味合いか?
 このルールだと,利己的仮想でないかは個人の価値観に任せているので,それを批判するのはルールに対する批判だから,気に入らないなら参加しないか,改善を要求するしかない。
 プレイヤーはルールを逸脱している訳ではないから,プレイヤーに対する批判は筋違いだと思う。


3.何か裏の目的があると疑う

 良くいる深読みするタイプ。
 自分に理解できない行動を取る人に対して,自分が理解している範囲の理由付けでその行動原理を理解しようとすると,結果的にこうなる。
 自分が理解しうる範囲のルールで最善の行動を取っていて,それと違う行動原理を有する他者がいたとして,それが例え裏の目的があろうとも,自分の目的に抗しない限り気にする必要がない。
 例えばこのチームが複数合って,自分のチームのプレイヤーが他のチームに利する行動を取る為に背徳的な行動を取っていたとしたら,それは糾弾すべきだが,今回の様な限定ルールの場合,全体像を容易に見渡せる為,そのプレイヤーの行動が真にボランティア的な行動だと容易に判断できる。
 よって,それを気に掛けたり,裏を深読みする事に価値を見いだせない。
 (個人的にボランティアの考え方を理解できないから)
 現実社会では,このテストの様に厳格で明瞭なルールがある訳ではないし,人間が活動する以上感情の問題は切り離せないから,そう簡単ではないのだが…


こういう実験は非常に面白い。
もちろん地域性や養育の環境による価値観の相違が大きく影響するであろうから,一概には言い切れないが,こういう価値観を持った人々もいる,と言う実験結果は大いに意味があると思う。


個人的に一緒にプレイしたくないプレイヤーとしては,現実社会における"奴隷の鎖自慢"(不幸自慢)タイプですね。

「オレ,こんなにチームに貢献しちゃったよ」

なら,まだマシで,酷い人になると

「オレがこんなにチームに貢献しているのに,他の連中は何だ!」

とか,自分基準を持ち出したり,「自分が貢献している事」を過大評価し,「その人が周囲にかけている迷惑度」を軽視したりする。
要は,自分を客観視できていないタイプ,自分基準の偏った評価に絶対の自信があるタイプ…
つまり,自分に甘いタイプですね。


一方,不幸自慢する人,多いですよね。
心が弱っている時は,オレもついつい愚痴がでます。
(気をつけないとなぁ…)


どうせなら,努力の結果,自分のランクが上がった事を自慢したいものです。

どうしてもクリアできなかった魔界村を,練習しまくってクリアできる様になった,とか。
出来なかった格闘ゲームの連続技を,練習しまくって出来る様になった,とか。
なかなか安定しなかったフック1.5を,練習しまくって(ry

そう言う自慢の方が共感できる面があるだろうし,賞賛も得やすいと言う物です。
(自分が出来るからと言って,出来ない人間を見下すのは最低ですけど…)

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2165-7af70f51
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム