.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

素人と入門者

[ 整理タンスは早すぎた ]
このエントリーの主題と外れるが,ずっと疑問だった事に対しての回答に思えた。
その疑問とは,「この先長く関わる件に関しても,なぜその場だけ凌ごうとする人間が居るのか…」

これは純粋に疑問だった事柄の一つで,果ては電気製品から仕事のお約束に到るまで,あらゆる分野でこの「その場凌ぎ」をする人はいる。
そしてそれこそが,ここで言われている素人と入門者の違いなのだと思う。

 素人は、どれだけ親切なマニュアルを用意しても、それが理解できない。
 そもそもマニュアルを読む習慣を持たない。


 「とにかくここを探せば目当てのものが見つかる」という感覚が、素人を安心させる。
 それは非効率かもしれないけれど、マニュアルが読めなくてもどうにかいける。

素人と入門者の実質的な違いは,「達成したいこと」に対するアプローチで,素人は理解や構造把握は二の次で,兎に角「達成出来れば良い」と考える。
その結果,副産物的に得た知識で全体を理解し始めるのに対して,入門者は,ともすれば「達成したいこと」を一時的に押しのけてでも全体把握と理解を優先する。

結果的にどちらが効率的かは分からないし,場合によっては素人の手法でも十二分に役立つ時はあるとは思う。
でも,素人のやり方が後世に役立つかといえば,多分役立たない。
その場限りを取り繕った程度の知識や認識は,自分で身になっていると認識出来る1/10も身についていない。
…様に思える。

散見する明確な「やりたいこと」がある人々は,得てしてこの素人タイプが多いように見える。
彼等の行動力は膨大で,非効率でもなんでも,兎に角行動して,1を100個かき集めてきてでも,達成する。
そして,そのほぼ徒労に近い行動を楽しむ余裕すらある。
その意欲を「きちんと説明書を読む」事へ向けられれば,50を2個集めれば良かった事や,実はそもそもそんな事をする必要すらなかった,と言う事が最初に分かる事が多いと思う。

しかしこれは,恐らく性格的な問題であり,また,素人の手法である程度の成功を収めてきた人にとっては,今更「あなたの方法は非効率で意味がありません」なんて言われても,改善することは出来ないのだろうとも感じる。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2381-77fc691f
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム