.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

5月なのに30℃越えって…暑すぎ

[ 国会乱闘はメディアもグルのヤラセ!? 杉村太蔵氏が発言 ]
これは以前から言われていることだけど,元議員が言うと多少説得力があるというか,「そうではない」と言っていた人達への強烈な反撃になる。
それでもさして大きく取りあげられないのは,杉村氏自身に問題があるのか,「今更何言っている」と感じる人が多いのか…
特に,議員や新聞,テレビ報道を神聖視する老人たちにこそ,良く知ってほしいのだが…
[ 「ショットノート」 新アイテム発売 ]
Android用アプリを6月下旬に公開する,と。
流石にiPhoneだけじゃやってられないか…
WM向けを誰かに作って欲しい気もするが,著作権に引っかかるんだろうなぁ…
四隅の視覚だけでなく,文字も認識の対象になっているという事で,読み取りシート(*1)を自作している人達も多いらしい。

それにしても,このアイディア自体は面白い。
手書きとデジタルガジェットの橋渡しとは正にこの事。
デジモノ好きのくせに,手書きも大好きな一人としては,かなり注目しています。
でも,iPhoneもAndroidも持ってないんだよね…

(*1):透明のフィルムに認識用の記号と文字を書き,その下に読み取るべき紙を敷いて撮影する。
そうするとこのノートを買う必要がない。
それ所か,その自作シートを載せれば,色々な物が取り込めて便利である,と。
[ 何かを呼ぶには3人必要 ]
相変わらず面白い。

 「学びます」という声は、「ない」ものを「ある」と言い換えることで力を得る人にとっては一番やっかいな存在になる。

 ~中略~

 それが賛同であっても反対であっても、関わった人を、ゼロ点からひたすらに遠ざけられれば、扇動はうまくいく。
 興味津々の、珍獣をみる観光客の目線でゼロ点に居座る人が増えてしまうと、扇動はもう成功しない。

オレが良く言う「一歩引いて見る」と言うのが,正にこの「学びます」状態。
時間を置いてからでも,「一歩引いて」考え直すことで,幾分冷静な判断ができると思う。
どんな時でも冷静でいれば,ある程度は正常な判断ができると信じているから,心のどこかに自分を見つめる第三者的視点を残す事を心がけている。
そうする事で,例え一人でも三人目の視界を得られると思うから。
[ 乱暴な言葉の使いかた ]

 「絶対に引くな!さもないと会社は潰れるぞ!」なんて相手を怒鳴って、選択枝を根こそぎ奪ったその状況で、じゃあどうすればいいのか、それを怒鳴れない人は「うるさい大人」であって、リーダーじゃない。

基本的には,乱暴な言葉を使わないで済むなら,使わないほうが良いと思う。
攻撃的な言葉は,相手と同時に自分も傷つけてしまうし,そもそも乱暴な言葉を使わなければいけない状況にしばしば陥る様な指揮官では,その組織は長くない。
緊急で,どうしても必要ならば,強く言う。
強い言葉で相手に意思を伝える事と,怒りを持って乱暴な言葉を使うのは意味が違う。
…と思ってる。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2506-c74f33c0
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム