.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

鬱瀬の長い一日。

[Recent]
ここ2日の出来事をメモしておく。


-一日前-
食事制限開始。
病院河支給されているレトルトを規定の時間に食べる。
19時以降は飲食厳禁。
水分は,水もしくはお茶のみ可。


9:00
朝食 おかゆとふりかけ,味噌汁


12:00
昼食 鮭おかゆとお吸い物


15:00
間食 クッキーと紅茶,あめ湯,オレンジジュース
(カロリーが不足するので,食べないとダメだと)


18:00
夕食 コーンポタージュ


21:00
下剤を服用。


24:30
下剤の効果が全くなく,焦りつつも就寝。


-当日-

8:30
病院へ。
簡単な説明を受け,ムーベンなる腸内洗浄液を飲む。
むせ返るほどマズイわけではないが,美味くもない。
最初の1杯は,15分程度掛けてゆっくりと。
合計2リットルを2時間掛けて飲む。
排便が透明になれば,準備完了。


11:50
2リットル飲み干して,準備はOK


13:10
ソルラクトなる点滴開始。
「腕が細くて血管が逃げる」との事。
一人目の方は上手く針が刺せず,ベテランの方と交代。
針をさす時は,少し痛む。

この点滴は,これから退院までずっとするとの事。
最初は移動もままならなかったが,その内慣れて,歩きまわれるように。
予定では13:30~開始だったが,外来が多く少し遅れるとのこと。


14:30
まだ連絡がない。
新年で相当混んでいるのだろう。
気長に待つ。


15:10
準備できたとの事で,移動。


15:20
開始。

右腕で血圧測りつつ,左手から点滴低経由で痛み止めを流し込む。
メチャメチャ痛い。
左手親指には心拍計??

簡単な説明を受ける。
単純に言えば,肛門から内視鏡を小腸の出口まで入れ,抜き取りながら撮影を行う,と。
その後,内視鏡挿入。
腸内を推し進める際に,傷つけないようにガスを入れ,スペースを確保するのだが,このガスがめちゃくちゃ痛い。
例えるなら「100m走のつもりで全力疾走したら,実は500m走だった時の,300m付近での横っ腹の痛み」と言うのが一番近い。
この痛さで,点滴からの痛みなんて吹っ飛んだ。

その後,抜き取りながらの撮影は痛みは少なく,自分で腸内の映像を確認できるくらい余裕がある。
自分で言うのも何だが,綺麗な腸だった。
ただ,やはり二箇所ほど炎症?っぽい所があり,組織を採取。
結果は,17日に分かるとのこと。

実際の手術時間は40分程度。
点滴経由の痛み止めと,ガス入れ一番痛く,辛かった。
食事は,「今夜は消化の良いものを,明日以降は通常でも構わないが,少しずつ慣らした方が良い」とのこと。
移動式ベッドで病室へ運んでもらう。


16:10
最低,1時間は安静にしている必要があるとのことで,点滴が終わるまでは横に成っている事に。
いくら点滴で水分補給をしているとは言え,喉が渇く。


17:15
点滴が少し残っているが,気分も悪くないので退院手続きをお願いする。


17:30
退院。


長い一日でした。
この分だと明日は出社できそうですが,まだお腹がゴロゴロしているので,当初の予定通り,家で安静にしていることに。
喉元過ぎれば熱さ忘れるじゃないですが,流石に色々大変でした。
これで結果も何ともなければ,なお良いのですけれど。
取り敢えず,今日は風呂NGなので,シャワーだけ浴びて寝ます。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2651-d33910bc
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム