.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

橋の先は途切れていると分かっているけど。

[Recent]

万年筆
ニブ加工。
荒削り(6000番)は概ね完了。
もう少し細くて良いかと思うけど,これ以上は怖い感じ。

個人的な注意点として
インクを入れたままだと,ドバドバ出てしまうので,ある程度諦めと割り切りが必要。
センターを削る際は,力入れ過ぎるとペン先開いちゃう感じ(これはやってしまった感がある)
SUS以外のペン先は,まだ怖くてトライできないけど,安いのでもう少し練習したら,いずれトライするつもり。



眼科
昨晩から右目に異物感があったので,眼科へ行ってきました。
遺物は無いが,少し炎症があるとの事。

また,緑内障の疑いありと言われました。
(神経が薄い? 神経模様が特徴的らしいです)

ただ,近視が強い人には,先天的に神経が薄い人がいるらしい。
見逃すわけには行かないので,来週検査をする事に。

緑内障といえば,痛みもなく,気づいた時には既に手遅れになることが多いという病気。
自覚症状がないままに進んでいくと言うのは,恐ろしい話です。
そして,40歳以上では10人に一人が患っていると言われてるそうです。
まだ40までは少しありますが,検査をしてもらって,もしその予兆があるなら早めに治療を行いたいですね。



知覚過敏
なんかどんどん酷くなる。
もう,息を吸うだけで,ピキーン,と痛みます。
カルシウム不足なのかなんなのかわかりませんが,歯の再石灰化が進んでいないことは確か。
本当に痛くて辛いです。
シュミテクトでなんとか痛みを押さえ込んでいますが,イマイチ効きが悪い。



UC
ついに発病(自覚症状出て)一年が経過しました。
ステロイド(リンデロン)を使った3月だけ,唯一症状が治まったものの,それ以外は一切収まる事がありませんでした。
現在も研究が進んでいるらしいですから,いずれ原因が解明され,特効薬ができることを信じて耐え忍ぶだけです。



漫筆
子供の頃は,生きていくことに疑問や恐怖がなかった。
まるで,凪の海に延々と続く,幅500mくらいの平坦な橋のど真ん中を歩いている感じ。
でも年を経るにつれ,実はその橋は所々に穴や亀裂があり,いつ誰が落ちてもおかしくないということ。
幅はせいぜい3mも無いということ。
ちょっとした事で傾くこと。
意外と滑りやすいこと。
時に突風が吹き,数人,数十人が海に落ちること。
などが分かってきた。

そしてそれを実感するほどに恐怖を感じるようになって,実は毎日生きている事自体が奇跡みたいなもの,と言う認識になりました。
当たり前に訪れる明日。
そんな明日は,実は誰にも保証されていない朧気なモノで,いつ自分が辿りつけなってもおかしくない。
かと言って,明日を無視して生きることも出来ず。
多くの病気にかかるにつれ,死を身近に感じるにつれ,生の奇跡を実感する様になりました。

よく「いつ死んでも後悔のないように…」なんて言いますが,そんな生き方はなかなか出来ません。
いつ死んでも後悔しますよ,よりゃね。

スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2791-883d30a5
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム