.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

今日も今日とて頭痛が酷い

[Random Jotting]
頭痛が酷くて,両手で頭を包むように抱えていると,思いの外頭蓋骨が小さく感じる。
子供の頃はもう少し大きく感じていたが…
手が大きくなったのか,頭が縮んだのか…
--
こめかみの血管が膨張して,指で触れると2mm位浮き出ているのに,痛みを感じない時がある。
つまり,血管膨張が必ずしも痛みに繋がる訳ではないが,痛みがあるときは必ず血管膨張が発生している。
痛むか痛まないかは,血管膨張が神経に触れるか否かで決定されると理解しているが,神経に触れない膨張系があるのだろうか?
もしあるのなら,毎回そちらへ膨らんで欲しいのだが…
肩や首の凝りがあると,そちらへ膨らめず,結果的に神経に触れる部位が膨張するのか?
頭痛に関してはよくわからないことが多くて,対処療法の粋を出ないのが実情。

頭痛に悩まされて20年。
そろそろ鎮痛剤以外の方法で何とかしたい。
(頼みの鎮痛剤も,効果ないときは全くないし)
世界的にはそれほど研究されていないのだろうか。
それとも鎮痛剤の使用以外の方法がないのだろうか。
--
右利きだが腕時計を右手にするので,どうしても傷や故障が多い。
必然的にG-SHOCKが最良の選択肢となって20年近く経つ。
初代のベルトはゴム製だったが,非常に強固で使いやすかった。
最終的には,単車で事故った時にバラバラに砕け散ってしまったのだが。
(それでも10年位使ったが)

その後,幾つかの時計を経て,現在はProTREKを使っている。
数世代前から金属ベルトを愛用するようになっていた。
しかし,この金属ベルトはデメリットもあって,洋服の袖が擦り切れやすくなってしまうのだ。
「腕時計をするとワイシャツが痛む」
と,父親が現役時代よく言っていた事を思い出した。
--
腕時計と言えば,かなり昔JALだかANAだかの機内販売で購入した時計がなにげにお気に入りだ。
液晶の中央に5分割された月をモチーフにした円があり,これの満ち欠けで分を表している。
(左1個で1分。2個で2分。…5個で5分。右1個で6分。右2個で7分…消灯で0分)
時間と10分台は,12方位に現れる数字が示す。
数字はそのまま*時。
例えば,『3』が12時の位置にあれば,3時0*分。
(*の部分は,中央の円で表す)
3:10になると,『3』が2時の位置にずれて,中央の円は消灯する。
言葉にすると非常に分かり辛いが,なれると非常に見やすい。
時間を下から読む様になる。
つまり,時計が目に入った途端,中央の円で*分がわかり,その後十分台,時間と遡って頭に入ってくる。
これがなれると非常に理解し易い。
バックライトも太陽電池も電波補正も無い,昔ながらの電池駆動時計だが,是非復刻して欲しいものだ。

--
スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/2996-4099a71e
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム