.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

整形外科受診しました

これまでの経緯と,自覚症状(*1)について説明。

「ストレスある?」

開口一番これか…

「いえ。ありません」

問診票に現在治療中の病気として,UCと逆流性食道炎を書いたので,真っ先にストレスを疑われたのだと思います。

「こうやって曲げる(両手を後ろで組んで,手のひらを後ろ側へ撚る)と痺れるんです」

「曲げなきゃいーじゃん」

『いや,そうだけどさ…』

正座した直後の足のように,ビリビリと痺れる事。
ここ二日でどんどん症状が強く・長く出るようになっている事。
1回の痺れは,数十秒で治まる事。
等を説明し,それに対する見解を話して頂けました。
要約すると,

・指神経(指の左右を通る神経)を圧迫していると思われる。
・指の横を通る神経が圧迫されているとこういう症状出る。
 人によって細かい症状は異なるが,よくある症例。
・首や骨じゃなければ,(自然治癒を)待つしか無い
 ↓
 骨だったら大変なので,念の為に手首のレントゲンを取る。
 ↓
 骨に問題はない。妙な腫瘍などもないし,大丈夫。

・脳(頚椎?)起因の痺れの場合,指先だけって事はない。
 手なら全体的(肩下から指先まで)にボヤーッと痺れる。

・(「動かした方が良いのか,触らない方が良いのか」と言う問いに対して)
 「どうしても気になるから,ついつい触ってしまう方が多いが,基本的には触れない方が良い。炎症を起こしている場合,余りマッサージ的に触ると,治癒が遅れる可能性がある」

・塗布剤を処方しても良いが,これ系は,薬を使っても治癒するまでの時間が殆ど変化しない。
 (通常,何もなしで3ヶ月かかるのが,2日早くなるとかその程度)

・違和感を感じたら,受診しに来るのは良い事。
 またオカシイな,と感じたら来てください。

と言った所。
要は,骨に問題はないので,変に触らず治まるのを待て,と。
その後も,何かにつけて痺れは治まっていない。
余りに痺れるので,豆電球程度なら点灯出来る様な気にすら成る。

待つしか無いというのは,精神的に辛いが,逆に言えば,あまり酷使せず安静にしていれば自然治癒する,と。

心を強くもって耐え忍んで行こうと思っています。


(*1):
3/2より右手中指の第二関節及び基節にかけて痛みがあり,整形外科を受診。
X線写真も撮ったが,骨に異常はなく,鎮痛消炎剤を処方された。
それから3ヶ月経過し,痛みは大分減ってきていた。
所が,数日前,右手の薬指先端が痺れ始めた。
更に昨日から痺れが酷くなり,怖くなってきたので診察受けに来ました。


--
スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/3049-da0de7ac
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム