.FatalReal

基本,健忘録兼日記。 たまに思っている事とか。

ザ・コンサルタント

[Recent]
先週見てきました。

-以下ネタバレ含みます-

全体的に良く出来ていて,ここ最近では一番だと思います。
冒頭の事件が,後半徐々に解明されていく手法は,上手く興味を誘っていると感じました。
信用できる人物=スマフォ越しに会話をしているパートナーが,同じく自閉症の施設で「政府のサーバーもハッキングできるほどの性能」のPCを駆使して会話する,幼馴染の女性(唖)である事に気づかなかった自分が情けな
い反面,それを匂わせない脚本に感動しました。

また軍人の厳しい父親が,最終的には主人公を庇って死んだこと,あの厳しさの裏に滲み出る愛情にも心を打つものが有りました。
弟の「俺たちを捨てて逃げた女だぞ」の台詞には,それでも母の葬儀に出たかったと言う願望と,自分たちを見捨てなかった父親への複雑な心情を上手く表現できていたと思います。

また,容赦なく引き金を引きまくる主人公の姿は,現実味を強く打ち出していたと思います。
ある種,機械じみた冷血無比な暗殺者としての主人公が,その病気故なのか,幼き日々の訓練によるものなのかを曖昧にしている点も,配慮が見れて良かったです。

疑問点としては…
1.刑務所で同室になったマフィアの元会計士が何故あれほど親身にレイモンドの世話(?)をしてくれたのか
2.よりによって「ZZZ会計事務所」なんて(逆に)目立つ名前にしたのか(病気故?)
3.襲撃の事後処理はどうなったのか(弟の立場は?)
等です。

期待していたものとは別方向の作品だったものの,非常に良作で満足です。
視聴中にスマフォを弄る人々(と言っても3人)のせいで,多少集中が途切れてしまいましたが,これは映画故のデメリットなので,甘んじて受け入れるしかありませんね。

次は,Dr.ストレンジを見るつもりです。


--
スポンサーサイト

Comment

Contribute of comment


Indication is manager only.(permission)

Trackback

Trackback URL
http://utuse.blog9.fc2.com/tb.php/3156-ae68d5e0
Trackback for this entry.(FC2blog user)

FC2Ad

「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコム